サントス デュモン「ラ バラドゥーズ」 | カルティエ

こんにちは!
IKEDAプラスです。

今回も、マイヨン ドゥ カルティエに引き続き、2020カルティエの新作をご紹介いたします。

本稿でご紹介するのは、2019年にリニューアルされた”サントスデュモン”に新たに追加された手巻きモデル。

その中でも、非常に珍しいサントス デュモン「ラ バラドゥーズ」(THE “LA BALADEUSE” SANTOS-DUMONT)と呼ばれるモデルです。

サントスデュモンは2019年発表当時カルティエオリジナルの長寿命クォーツ搭載、SM,LMの2サイズ展開で話題になりましたが、2020年はXLという新サイズで待望のメカニカルモデルの登場。

待ってたよ!という機械式愛好家の方も多いのではないでしょうか。

搭載されているのは、前型のサントスデュモンにも搭載されていた極薄のムーブメント、名機”cal.430MC”とぬかりありません。

とここまではレギュラーモデルの話。

今回ご紹介するサントス デュモン「ラ バラドゥーズ」は、”LMサイズのケース”手巻きムーブメントを搭載した特別なモデルとなります。

イエローゴールド製のケースとアンティークグリーンアリゲーターのストラップは、色調もサイズ感も、非常にクラシカル。

裏には製品名にもなっているサントス-デュモンが初めて設計した飛行船「ラ バラドゥーズ」がエングレービングされ、生産本数は、ワールドワイドで300本のみとなります。

華やかなイエローゴールドを纏う

サントスデュモンシリーズで唯一イエローゴールドを纏った華やかなスタイル、かつLMサイズの手巻き、世界限定300本というスペシャルピース。

時計好きの方も、カルティエのスタイルをお求めの方も、ぜひ一度お手に取って腕時計黎明期、サントスデュモンが活躍した1900年代に想いを馳せてくださいませ。

ご来店お待ちしております。