ドイツ・プロダクトデザインの魅力を凝縮した結婚指輪。
ドイツは、「ドイツデザイン」という言葉があるとおり、ステーショナリー、車、建築など独自の優れたデザインを生み出してきた国です。 1919年初頭に、美術と建築に関する総合的なアカデミー、バウハウスが設立されるなど、デザイン立国として高い評価を得ています。 創業者のEduard G. Fidelは、米国が開発したインジェクションモールディングプロセス (injection moulding process) を第二次世界大戦後のドイツに紹介したプロの金細工師でした。 革新的な技術と新しいデザイントレンドを融合し、以降の経済的な成功の礎を築いたのです。 Pforzheim( フォルツハイム) はドイツ西南部、黒い森の北玄関口にある美しい街。多くの宝飾品工房や工場が集まる世界でも有数の宝飾産業が盛んな町です。 egfの結婚指輪はこの町の老舗工房で作られています。 egfはEduard G. Fidelを中心に、老舗ジュエラーのRudolf Sickingerと結婚指輪のコレクションを抱えるBruno Mayerによって結成され、現在にいたります。
お問い合わせ・来店予約