ニュー・オータヴィアウォッチ | タグホイヤー

こんにちは

IKEDAプラス 落合です。

今回は2019年の新作「オータヴィア ウォッチ」をご紹介いたします。

同年のバーゼルワールドにて発表されたこちらのモデルは、2017年に復活した「オータヴィア クロノグラフ」のデザインを基に、シンプルな三針の仕様に仕立て直したものとしてオータヴィアコレクションの世界をぐっと押し広げました。

ちなみに聞きなれないオータヴィアという言葉。

「Automobile(自動車)+Aviation(航空機)」の造語として作られ、1933年に発表された自動車、航空機、飛行船のダッシュボードタイマーに冠されたのが最初であり、これは現在タグ・ホイヤー最古のコレクションネームといわれています。

ダッシュボードタイマーから端を発し、モータリゼーションとともに進化した旧コレクションの雰囲気を色濃く残したクロノグラフのデザインに比べ、初の三針仕様のこちらのモデルは、太い針、太いアラビアインデックス、広い面にしっかりと塗布されたスーパールミノバと、より視認性の高さを追求し”Aviation”(パイロットウォッチ)に振ったデザインといえるかもしれませんね。

完全なニューデザインながら、まるで過去のアーカイブから出してきたようなクラシカルな雰囲気がオータヴィアという最古のコレクションの系譜ならではといったところでしょうか。

本モデルの魅力は、デザインだけではありません。

本モデルにはいくつかのストラップとブレスレットが用意されており、それによりグッと雰囲気を変えることが可能です。

そのために専用の工具などを使う必要はなく、簡単に交換できる仕様になっています。

ブレスレットあるいはストラップは、裏面にあるプッシュボタンを押すことで道具を使わなくても簡単に取り外しができる

ダイヤルカラーはブルーとブラックの2色、それぞれレザーストラップとブレスレットが選べ、最初から各カラーに応じたNATOストラップが付属しています。

実用性重視でブレスレット、シブい雰囲気のレザー・ストラップ。どちらもビジネススタイルでは大活躍間違いなし。

オフスタイルではNATOストラップで軽快に。

2種のベルトがあるだけで、倍以上にコーディネートの幅や楽しみが増えますよ!

是非、IKEDAプラスで実際に触れてみてくださいね^ – ^

ご来店お待ちしております。

ブルー×ブレスレットモデルを見る >

ブラウン×レザーストラップモデルを見る >